タイムカードはアメリカが発祥の地です

  • 勤怠管理にタイムカードが役立っています

    • 社員の勤怠管理は、会社に課せられたとても大切な役割です。
      社員が、勤務時間中に怠業するようなことがあれば、会社の業績に大きく影響しますし、職場に秩序にも影響します。

      反対に、記録に残らない残業が繰り返されていると、社員の健康を脅かすことにもなりかねません。
      タイムカードは、社員の勤務時間を管理するために古くから用いられていますが、カードを機械に通すだけなので、その正確性に欠けるというデメリットがあります。


      そこで、最近は社員の勤怠管理を目的として、ICカードなどを利用し事務室に入室する際には必ずカードリーダーを通す仕組みを導入する会社が少なくありません。

      あなたにオススメの産経デジタルの有益な情報のご紹介です。

      このICカードはそれぞれの社員に配布されますから、他の人が使うことができませんから、不正をすることができません。



      特に、時間差出勤が導入されている、大きな工場などでは社員が出勤しているか確認するだけでも大変な労力が必要でしたが、新たなタイムカードでは、ICカードに出勤したことが認識されていれば、ディスプレイに表示されますので、大きな労力は必要ありません。



      さらにタイムカードに記録されたデータを給与システムに連携させて、給与計算事務の効率化を図る会社もあります。

      会社にとって、非現業部門の仕事はとても重要ですが、できる限り簡素化したいのも事実ですから、タイムカードは大きな戦力になっているのです。


      このように今やタイムカードは、単なる出勤時間を記録する機会から、社員の勤怠管理や給与計算に大きな役割を果たしているのです。