タイムカードはアメリカが発祥の地です

  • IT化によるタイムカードの進化

    • タイムカードは機械が時間を打刻しますので出勤時間、退社時間をごまかすことができません。



      カードを集計することで1カ月の勤務実態を把握して給与へと反映させます。

      多くの会社でタイムカードは導入されています。

      共同通信社関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

      しかし、タイムカードにも弱点はあります。



      カードに時間を打刻しますので、カードを集計しないとその人の勤務時間がわからない点です。近年は残業時間の増加による過労死が社会問題になっています。


      1カ月の残業時間が100時間を越えることもあったのです。
      役所の監査などもあり、勤務時間が1カ月たたないとわからないというのは問題となってきました。


      仕事ですので、ある日に残業が増えることは仕方のないことですが、それが、人事部、総務部が全く管理できないようですと、監査があった時には問題となり、是正勧告、ひどい時には書類送検なんてこともあります。そんな、状態にならないように、総務、人事部は日々、社員の勤務時間を把握する必要が出てきたのです。そのため、カードではなく、打刻した時刻を本社のシステムへ自動送信し、本社のコンピューターに記録するというシステムになっているところが増えてきております。もちろん、小さな会社でしたら昔ながらのタイムカードで事足りますが、離れた事業所がたくさんある会社ですと社員の労働時間を管理できるシステムも必要になります。

      そのため、ネットワークでつながったタイムカードシステムが必要となります。


      ITソリューションでさらに進化したシステムとなっていきます。