タイムカードはアメリカが発祥の地です

  • タイムカードは勤怠管理に利用する

    • タイムカードを利用して勤怠管理をしている企業は多いです。


      出勤時間と退出時間を打刻することで、給与計算をするのです。



      しかし、タイムカードでは打刻を忘れてしまうことも多く、必ずしも完全な勤怠管理ができるわけではありません。
      企業によっては打刻を忘れた場合には、残業をしていても認めないと割り切って管理している場合もあります。

      今では、ICカードを利用して、出勤や退出の時間に門でカードをかざすだけで、勤怠管理をする方法を取り入れている大企業も多いです。そして席につきましたら、社内の勤怠管理システムに出勤時間を入力するのです。

      ICカードを利用すれば、社内のセキュリティ管理をすることもできるので、万能的な役割を果たすことができます。
      基本的には従業員証として利用することができますので、ご自身の身分を証明するためにも役立つものです。

      BIGLOBEニュースの知りたかった情報がきっと見つかります。

      ICカードを利用できるようにするためには、システム構築をしなければなりません。



      従って、初期費用はとても掛かりますが、その後の人件費を考えますと数年で初期費用を回収することができますし、社内のみでなく社外とのシステムを連携させることができますので、あらゆる面でタイムカード以上の効果を求めることができます。
      タイムカードでは、従業員が不正に利用することもできてしまいます。残業もしていないのに、残業をした同僚に打刻をお願いしておけば、残業代を会社が負担しなければならなくなってしまうのです。